三喜工業の貢献活動

三喜工業は日本橋に地域貢献をしています

大山をハイキング感覚で登り、登拝門の開門をする行事です。


講名:大山開山 東京日本橋 お花講

  1. 神奈川県伊勢原市大山への登拝はその昔「大山詣」と呼ばれ、参詣者は講をつくり御師の宿に泊まって、白装束に身をつつみ、散華、散華、六根清浄と唱えつつ険しい石段を登ってお参りします。
  2. 大山は古くから霊験あらたかな神の宿る山とされ、7/27~8/17以外は門は閉ざされ、山頂への登拝は禁止されていました。
  3. 登拝門の鍵は元禄時代より約300年間、大山三大講社の一つである日本橋お花講が保管し、7/27お花講の手で開門するのが慣例となっています。
▼大山阿夫利神社一下社(大山阿夫利神社 http://www.afuri.or.jp
▼40人が険しい石段を登ります  
▼内海景弓(御師の宿)  
▼元禄時代からのお弁当箱